いまケアしておかないと後々起こるワキガの弊害

思春期に起こりうる弊害

ワキガいじめ

本人がワキガであるという事実を受け入れて対処していくだけでも十分子供にとっては辛いことですが、ワキガにはその他にも様々な弊害があります。

 

子供が小さいうちは繊細で自尊心も形成段階です。それで親としてはワキガに伴って起こりうる弊害の部分にも十分注意を払ってあげたいものですね。

 

例えば、学校で友達に臭いといわれて避けられたり、またひどい場合にはいじめを受けるかもしれません。

 

また夏場は特に制服の白シャツに黄染みが目立つため、汗をかくことを恐れたり、いつも人目を気にして過ごすこともありえます。

 

こうしたワキガの弊害のため自尊心が傷つき、登校拒否、ひきこもりといった問題に発展しかねません。

 

成人した後に起きうる弊害

いまケアしておかないと後々起こるワキガの弊害

また、子供が成人して大人になったあとでは、就職や結婚といった重要な節目で弊害が出てくることが考えられます。

 

例えば、接客業・飲食関係の店で働くことに本人が抵抗を覚えたり、あるいは気づいた店の人に断られたりすることがあります。他にも働いているオフィスで同僚の間で変なウワサが流れたりもします。

 

さらにワキガのために異性に積極的になれず、結婚できないかもと真剣に悩んでいる人もおられます。

 

このように、ワキガはただ単に臭いや黄染みの問題だけでなく、さらに深刻な問題のきっかけとなる場合が多いのです。

 

失敗・後悔しないためのワキガ対策

ワキガに関しては、成長によってアポクリン汗腺が増える小さい子供のうちはコチラのワキガ対策デオドラント剤を使用し、成長が止まりアポクリン汗腺が増えない成人後はワキガ手術などを利用してワキガを根本から解決することが大事です。