ワキガとは?ワキガが出来る原因

子供ワキガ

子供のワキガの原因は汗(多汗)と思っている人が多いようですが、実は汗には2種類あるのをご存知でしたか?

 

アポクリン腺からの汗とエクリン腺からの汗があり、ワキガの原因となるのは主にアポクリン腺からの汗であると言われています。

 

ワキの構造を見てみると表皮の下にある真皮層の部分にエクリン腺があり、さらにその下の皮下脂肪層にアポクリン腺があります。エクリン腺からの汗は成分がほとんど水分であるために無臭です。子供が活発に運動したときに体温を調整するために出る汗は、このエクリン腺からの汗ですね。

 

一方問題となるアポクリン腺からは、脂質、鉄分、たんぱく質、アンモニアなどの成分が出るようです。こうした成分がエクリン腺から出た汗と混ざって雑菌が繁殖・酸化することで、ワキガの強烈な臭いが生成されるのです。

 

毛深いとワキガになりやすい?

ワキガは子供の毛深さとも関係があるのでしょうか?

 

基本的には毛深い人の方がワキガになりやすいようです。ワキガの原因がアポクリン腺からの汗であることは説明しましたが、毛深いとさらに雑菌が繁殖しやすくなり、必然的に臭いも強くなります。

 

そのため子供が大きくなってムダ毛が増えてきた時には毛の処理をすることで一つの対策にはなりますが、それでも問題のアポクリン腺からの汗を抑えるためには、毛の処理以外の対策も必要となってきます。

 

もし、子供が子供だと分かったら、成人になるまではワキガ専用のデオドラント剤を使用することをオススメします。

 

コチラで私が使ったデオドラント剤を紹介しているので参考にしてみてください。